アレサ フランクリン。 アレサ・フランクリン

アレサ・フランクリンの伝記映画『Respect』の予告編を初公開

✌ 父親がいる教会で歌い始め、キャリア開始直後に類稀なポップセンスを発揮し、後に公民権運動の顔となった彼女は、1960年代にはアフリカン・アメリカンの象徴というべき存在となった。

12

アレサ・フランクリンの歌う『ナチュラル・ウーマン』にキャロル・キングが号泣!オバマ元大統領も涙

👇 メッセージを音楽の中に折り込んで活動してきた方らしいですよ。

16

アレサ・フランクリンの伝記映画『Respect』の予告編を初公開

🤞 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

14

アレサ・フランクリン

🤪 74年には「アンティル・ユ-・カム・バック・トゥ・ミー」(スティーヴィー・ワンダー作曲)がポップ・チャートでもヒットした。

12

アレサ・フランクリン死去 RS誌が選ぶ「歴史上最も偉大なシンガー」評を全訳

⚠ ・牧師とピアニストの両親を持ち、ゴスペルや音楽が身近な環境で育った ・少女時代に両親の離婚や母の死などを経験している ・14歳の時に「ゴスペル・キャラバン」というツアーを経た後、デトロイトのJVBから歌手デビュー ・長男は12歳、次男は15歳のときに出産している ・19歳のときに元マネージャーのテッド・ホワイト氏と初めての結婚をする ・夫から壮絶なDVを日常的に受けており、それが原因で離婚している 世界的かつ歴史的な女性シンガーであるアレサフランクリンですが、過去やプライベートがとても壮絶なものであるのがわかりますね。 祖母のレイチェルとエマに育てられました。

シンク (アレサ・フランクリンの曲)

💕 16歳の時にマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの巡回演説に同行した彼女は、彼の葬式の場でも歌声を披露している。

11